邯鄲〜三島由紀夫 近代能楽集より〜

「僕の人生はもう終わっちゃった」と放言する十八歳の次郎。
ある日、彼は十年ぶりに再開する乳母、菊を訪ねる。
通されたのは、十年前の次郎の部屋とそっくりにしつらえられた一室。そこで次郎は菊を問いつめる。「とにかく君はへんな枕をもってるんだ」。
それは、唐土(中国)は邯鄲の里からまわりまわって菊の家にたどりついた枕。その枕で眠り、夢を見ると、何もかもみんな馬鹿らしくなってしまうという。
なんとか止めようとする菊を説き伏せ、邯鄲の枕で眠りにつく次郎。
その夢のなかで次郎が見たものとはー。
 
作・演出
原作: 三島由紀夫『邯鄲』(『近代能楽集』より)
訳・演出: 金世一(キム・セイル)
 
日時:
2014年
03/14(金)  15:00 / 20:00
03/15(土)  14:00 /  18:00
03/16(日)  14:00 /  18:00
会場:タイニイアリス(Alice Festival 参加作)
出演:
アナタコノミ
大川こはる
金恵玲(劇団アラン・サムセ)
久保庭尚子
柴田あさみ 
竹内真菜 
田中佑里
生井みづき
野澤遵宜
本家徳久
吉植荘一郎 (Ku Na’uka office)
吉田智惠
音楽: 三角真一
照明: 川村孝志(ライティングユニオン)
舞台監督:森貴裕
ドラマトゥルク: 冉小嬌
宣伝美術: 沼上純也
衣裳: 高橋佳
映像広報: 前川衛
制作: 後藤絢子、Real Heaven
主催: 世 amI
協力: タイニイアリス