MEMBER

金 世一(キム・セイル)    KIM SEIL

俳優、演出、演技トレーナー。世 amI主宰。SEAMI project代表。
韓国・釜山生まれ。慶星大学在学中(演劇専攻)の1998年、ドンニョック(釜山演劇製作所)創立に参加。俳優として活動する傍ら、演技指導者として活躍。高校教員(演技教育)を経て2003年から日本文化庁の海外芸術家招聘研修員として来日。その後東京を中心に、劇場の規模を問わず公演に参加する他、NHKの大河ドラマや映画出演、ナレーターを勤めるなど、幅広く活動。東京、京都、福岡などで演技トレーナーとしても活躍中。また東京大学大学院文化資源学研究専攻において演技論に関する研究を重ね、東京大学大学院修士学位習得、同大学院博士課程満期退学。
国際演劇祭受賞作品をはじめ、アジア各国の共同制作による演劇作品で演出・出演を重ね、一貫して東洋演劇の思想や美学を追求している。
演出作『秋雨』(ジョン・ソジョン作)がMiryang Summer Performing Arts Festival2012にて作品賞受賞。

前川 衛    MAEKAWA MAMORU

映像作家。『SONY MUSIC映像コンテスト』受賞。
2013年、SEIL’S academy発表舞台『私へ続く道』(演技指導:金世一)に構成・台本協力で参加。
以後、世 amIならびにCoyomiの映像制作を担当している。

本家 徳久    HONKE NORIHISA

サラリーマンを辞め演劇を始める。アングラやコント、ストレートプレイなど色々出演するも、至らない演技に挫折。
2011年、学ぶ機会を求めて韓国の劇団で約一ヶ月間の滞在型ワークショップに参加。韓国・釜山で初舞台を経験し、演出をつとめた金世一と出会う。
2013年より世 amI所属。『秋雨』『ピクニック』『熊野』(金世一演出)などほぼ全ての作品に出演。
また金世一の演技メソッド「SEIL’S」を基本とした俳優訓練を、SEIL’S academyや映画24区トレーニングで紹介し、専門の演技トレーナーとしても活動している。SEIL’S academy公演では演出も手がけている。

鈴木 みらの    SUZUKI MIRANO

2005年、宝塚歌劇団入団。雪組に配属。2011年、『ロミオとジュリエット』にて退団するまで、娘役として多数の作品に出演。
2012年日韓演劇フェスティバルin大阪『小町風伝』(李潤澤演出)に出演し、韓国演劇に興味を持つ。
2013年より世 aml所属。『秋雨』『ピクニック』『熊野』(金世一演出)『天守物語』(久保庭尚子演出)など、俳優・スタッフとして世 amIのほぼ全ての作品に関わる。

市川 愛里    ICHIKAWA AIRI

鹿児島県出身。2002年、歯科衛生士免許を取得し、以来歯科医院に勤務しながら俳優活動を続けている。
2007年から2016年3月まで京都を拠点にするニットキャップシアターに所属。
2016年より世 amI所属。

吉田 智惠    YOSHIDA CHIE

奈良県出身。会社員生活を送る中、金世一主催のワークショップ「SEIL’S academy」に参加し、俳優としての活動をスタートさせる。
その後も世 amI の活動に参加し、2017年より世 amI所属。『邯鄲』『秋雨』『ルビンの壺』『熊野』『本当だって』『家族芝居』『水の駅』(金世一演出)に出演している。

柴田 貴槻    SHIBATA YOSHIKI

京都府出身。就職活動を機に休学し海外へ行き、演劇に携わりたいという意志を持つ。
2014年、金世一によるワークショップにて初めて演技を学び、同年8月『秋雨』(金世一演出)にて初舞台を経験。
2015年より世amIの活動に参加。『秋雨』に出演、また『熊野』『本当だって』(金世一演出)では音響ならびに演出助手として作品に携わる。2018年より世 amI所属。演劇への関わり方を模索しながらも、演劇をより多くの人に楽しんでもらうことを目標に活動している。

竹内 真菜    TAKENOUCHI MANA

7歳からクラシックバレエを習う。19歳でアメリカに留学。コミュニティーカレッジでパフォーミングアーツを専攻で卒業。在学中は主にダンス(ジャズ・バレエ・モダン)を学ぶ。
帰国後、SEIL’S academy にて俳優訓練を受けながら、東京の小劇場でダンサー、俳優として活動する。2019 年より世 amI所属。『邯鄲』『秋雨』『本当だって』『水の駅』『家族芝居』(金世一演出)など、多くの世 amI作品に出演している。

戸澤 真治    TOZAWA SHINJI

2000年北九州芸術劇場にて鴻上尚史氏のワークショップを受けたことで、本格的に演技の道へ。同劇場で公演をしていた矢田政伸氏と知り合い上京。演劇ユニットに参加する2004年劇団だるま座に所属し、舞台『娑婆に脱帽』等に出演する。
2011年、映画24区にて講師の金世一と出会う。世 amI作品には『本当だって』に出演している。

タイトルとURLをコピーしました