本当だって 정말이야

我々が真実だと思っていることは本当に真実なのか?
私たちが覚えている記憶は本当に確かなのか?
隠ぺいされる真実を掘り出せる力を、架空された真実を見分けられる力を、我々は持っているのか?そもそも真実というのはどういうものだろうか。この作品はある家族の会話を通じて真実の本質を問い直している。
韓国新人劇作家シリーズ第五弾にて上演。
 
作・演出
作:イ・ウンソル
翻訳/演出:金世一
 
日時:
2018年5月23日(水)~27日(日)
05/24(木) 13:00 / 19:30
05/25(金) 16:00
05/26(土) 12:00 / 18:00
05/27(日) 15:00
会場:
北とぴあ ペガサスホール
出演:
鈴木みらの(世 amI)
吉田智惠(世 amI)
竹内真菜
演出助手・音響オペ:柴田貴槻
舞台監督:小田史一
照明:川村孝志(ライティング・ユニオン)
音響協力:音ノ屋
宣伝デザイン:沼上純也(イヰマ)
宣伝画:吉村真歩
コーディネーター:SEAMI project
協力:世amI、東京ハイビーム、劇団印象-indian elephant-、(有)トゥフロント、(株)YU DASH、(株)アートタッチ
主催・企画・制作:モズ企画 
共催:(公財)北区文化振興財団(舞台芸術創造支援事業)